BuraKita。

ツツウラウラお散歩旅

富士山その後(熱海温泉)

前回記事の続きになります。

 

 

富士山から下山し、へとへとに疲れ果てた体を癒やすべく向かった先とは・・・

そう、温泉です。

今回は富士山エリアからはちょっと離れていますが、熱海で一泊することにしていました。

 

宿泊したのは「夢いろは(旧あいおら)」という宿。温泉の質が良いらしいので(重要)。

 

18時ごろに到着してすぐ浴場に向かうと、ちょうどご飯時だったためかなんと貸切状態。浴槽は小さめなものと、大きいところの2種類があり、このときは小さめがややぬるめ、大きいところが適温といった感じで、どちらもちょろちょろと高温の源泉が湯口から注がれていました。

入る前は濃い塩化ナトリウムの湯だと勝手なイメージを持っていましたが、湯あたりは柔らかく、塩味もそれほど強くない。疲れた体には良い塩梅の湯でした。

しばらくして2,3人ほど入ってきたので入れ替わるように退散。どうも日帰り入浴客(地元の人っぽい)のようでした。

 

f:id:kita0525:20170809223948j:plain

成分分析表

 

成分は最初の印象のとおりそれほど濃いものではなく、カルシウムが多い構成となっていました。あとメタケイ酸が多い。

源泉が高温のため加水は仕方ないのですが、消毒もしているようです。(ただし消毒臭は感じないレベル)

後に旧あいおら時代に行った人に聞くと、実は風呂が改装されていてそのときに管理が変わったんじゃないかということだそうで。今は衛生面から消毒するように指導が入るらしいです。

 

まあ、そういうことより自分がまずこの成分分析表を見て気づいたのは・・・

これ、Adobeとかで昔の画像に上から文字編集してるよね。という点。

やけにくっきりしたフォント、そして押印が文字の下に来ているところからも。

分析表が古くなって文字が読みづらくなったとしても、こういうのはさすがにアウトなのでは・・・(いくらでも改変できるし)

 

 

それはさておき、夜9時ごろ再び入りに来てみると、先程はぬるめだった浴槽が湯口からこんこんと源泉が流れ出しオーバーフローしているではないですか。

これは激アツ。

実際、激熱(推定45~6度)。

温度管理ガバガバやん・・・。

まあ、我慢して肩までつかりましたけどね。湯の活きが違いました。

なお、自分の後でおっさんと兄ちゃんがこの激アツ浴槽にチャレンジしてましたがあえなく撤退しておりました。

 

施設自体は古いですがきれいに改装されていて、なかなか良い宿ではないかと思います。ネタになるような体験もできたし。

なお、朝食のアジの干物が名物らしいですが、残念ながら普通レベルでした。お土産品として用意されているみたいなんですがね。

 

翌朝は台風と追いかけっこを繰り広げながらも無事18切符で帰宅しました。

登山祈願が効いたのかな?

 

290805-07 富士山

富士山登山に行って参りました。(唐突)

f:id:kita0525:20170808224628j:plain

 

このブログには書いていませんが、実は去年の同時期に富士山登山にチャレンジしていました。しかし、山小屋宿泊の翌日が悪天候となったため登頂を断念した経緯がありまして、今回はそのリベンジとなります。

 

出発は8月4日。仕事が終わって高速バスで京都まで出て、京都から夜行で富士宮に向かうことなります。

去年までは地元の最寄り駅から富士宮までの夜行バスが運行されていたようですが、6月ごろにしれっとバス会社の公式HPから削除され(アナウンス無し)たので京都経由になってしまいました。夜行で東京に出てそこから朝の富士宮行きバスに乗るほうが楽なんですが、到着が遅くなるので今回はパス。

 

明けて5日。朝7時前に富士宮駅に着きまして、徒歩10分くらいのところにある浅間大社に登山祈願をします。前回は時間の関係で寄れなかったので富士宮に来た目的がこれでした。

f:id:kita0525:20170808225515j:plain

お参りをして境内をぶらぶら。

f:id:kita0525:20170808225554j:plain

 

御朱印受付が朝8時からだったので境内の隅で待機。天気は曇りでしたが7時ごろからかなり暑い日でした。

f:id:kita0525:20170808225818j:plain

 

御朱印をいただいたので、朝8時からやっているらしい富士宮やきそばの店寄ってみたいですが閉まっていました。臨時休業・・・? 残念ながらこういうこともあります。

今回は須走ルートで登るため、ここからさらに御殿場駅まで移動し、バスで五合目まで移動します。

f:id:kita0525:20170808230806j:plain

f:id:kita0525:20170808230824j:plain

霧出てる・・・。幸い雨は降っていませんでした。

登山のハイシーズンであってもこの須走ルートは人が少なく、マイペースで登る分には良いルートなんですが、難点は時間がかかること。休憩場所も少ないです。

f:id:kita0525:20170808231438j:plain

景色が見えないと、なんか疲れだけが蓄積していくような・・・

 

そして黙々と上りつづけて3時間半。予定より少し遅れて七合目の太陽館に到着しました。ここが今日の宿になります。

コーヒーを頼んで一服。マグで出てきたのは嬉しい。

f:id:kita0525:20170808231910j:plain

 

明日に備えて早々に床につきましたが、ここはわりとキャパが多く、団体客が沢山いて熟睡というわけにはいきませんでした。頂上付近でご来光を見る人は夜中に出発するので、耳栓やアイマスクをしていてもどうしても限界があります。

自分のように山小屋でご来光を見る人はキャパの小さいところを選ぶのがいいみたいですね。真夜中の登山はリスク高いし大渋滞するので・・・。

 

6日午前5時起床。

山小屋の外に出るとちょうど日が昇ったところで、よく晴れていてためご来光と雲海を堪能できました。やったね。心配だった高山病(頭が痛くなったりする)の影響もあまりなかったのでこれはいけると確信。

 

f:id:kita0525:20170808232718j:plain

 

 

時折雲がかかったりしましたが、おおむね晴れていて見通しが良く休憩がてら景色を楽しみながら山頂を目指します。

 

f:id:kita0525:20170808233014j:plain

しかし、見えているのになかなか辿りつかないというアレ。

 

頑張って上り続けること約3時間。そしてついに・・・登頂しました。リベンジ成功です。最低限の荷物だけサブバックに入れて、後は山小屋に置いてこれたのも大きい。

f:id:kita0525:20170808233419j:plain

f:id:kita0525:20170808233438j:plain

山頂にはなんと自販機もあり、ちょっと休憩してからぐるりと山頂のお鉢めぐりします。

 

f:id:kita0525:20170808233714j:plain

海側は雲の晴れ間が見えたんですが、それ以外は雲がかかっていて景色は見えませんでしたね。

f:id:kita0525:20170808234012j:plain

途中の気象庁の観測所前の急な坂は滑りやすくて超ドS仕様。下手すりゃ死ぬ(マジで)

1時間ほどで元の場所に戻ってきて、いよいよ下山開始。

 

下山ルートは終始霧がかかっていて、まったく見通しが効かない状態でした。「砂走り」という所をすいすい駆け降りることができるんですが、一部滑りやすいところがあったり固いところがあったり砂走りの「質」はあまり良くなかったです。

(去年通った御殿場ルートの「大砂走り」がとても良かった)

昨日の山小屋に寄って荷物を回収する必要があったんですが、途中で分岐があり(持っていたルート図には記載がない)見通しも効かないので山小屋に電話で聞いたら、分岐以前に一度下山道を戻って(※体力をめちゃくちゃ浪費する)別のルートで降りるような案内されたりしましたが、スマホでGoogleMapやポケモンGoで位置を確認したらそれは間違いで完全にミスリードの罠だったという。

ポケモンGoのほうがちゃんと下山道網羅してるって・・・。

 

無事3時間弱で須走五合目に帰還。生中で祝杯!

f:id:kita0525:20170809000647j:plain

(言葉にならない美味さ)

 

この後熱海で宿泊したんですが、長くなったので次の記事に。

他の富士山写真はこちらに置いたのでよければ見て下さい。

https://www.azukeru.ntt-west.net/f45e453195c24b1e40556619243f76d0/

 

なお、富士山登山は個人的に富士宮五合目からプリンスルートという派生ルートで登って、御殿場ルートの大砂走りで下るのが一番いいんじゃないかと思います。須走ルートは距離がある分、地味にキツイです。

 

 

 

 

 

 

【ぶらり18切符の旅】長浜~静岡

7月23日に「静岡クラフトビールウイスキーフェア」あるけどどうっすか、と静岡在住のフォロワーさんに情報いただいたのを機に、久しぶりに18切符で静岡まで行ってきました。

beerpalette.jp

 

さて、ただ静岡に直行というのも味気ないので、途中で長浜に寄り道することにしました。電車旅だとわりと経由すること多いんだけど一度も降りたことなかったんだよなあ。

 

朝7時前に最寄り駅から乗車し、敦賀駅での乗り換え待ちに福井名物おろしそば。定番パターンになりつつあります。辛味大根がいいんだよなあ。美味しい。

f:id:kita0525:20170723230243j:plain

 

10時半ごろに長浜駅に到着。猛暑で強い日差しにめげずにぶらぶらと当てもなく街歩き。とりあえず黒壁スクエアらへんを回ることに。

 

f:id:kita0525:20170723230615j:plain

 

レトロな町並みやガラス工芸品の店などなどオサレな感じでカフェも多く、街歩きが楽しい。

f:id:kita0525:20170723230750j:plain

 

黒壁スクエアを通り過ぎて外れのほうに「大通寺」という立派なお寺がありました。とくに門の彫刻には圧倒されました。御朱印帳もってくりゃ良かった。

f:id:kita0525:20170723231107j:plain

f:id:kita0525:20170723232211j:plain

f:id:kita0525:20170723231227j:plain

f:id:kita0525:20170723231243j:plain

 

この寺の近くに「ビワマスの親子丼」という美味そうなメニューのお店を見つけたけど昼飯には早かったのでスルー。以前ビワマス食べたことあるんですが美味でしたね。

 

回り道しながら駅方面に向かうと・・・おっこれは

f:id:kita0525:20170723231501j:plain

 

駅の近くにクラフトビールのレストランを見つけました。長浜にもクラフトビールあったのか(知らなかった)。残念ながら団体客で埋まっていたのでビールには諦め。カウンター席は無いみたいなので、ちょい飲みには向かないのか。。。

※なお、このクラフトビール長浜駅直結の平和堂2Fお土産コーナーでも買えてテラスで飲めるみたいです

 

そのまま駅を通り過ぎ長浜城跡(歴史博物館)へ。すぐ裏には琵琶湖が広がっていて日陰に入ると風が涼しい。ぼーっとするには良いところかな。

f:id:kita0525:20170723232136j:plain

f:id:kita0525:20170723232238j:plain

 

小一時間ほど炎天下を歩き回ったので汗だくです。ならば温泉だ・・・。

公園内になんと温泉施設があります。

 

f:id:kita0525:20170723232331j:plain

豊公荘」。駅から徒歩2分ほどで来れます。

入浴料金は600円ですが、コインロッカー使用で実質700円です。

f:id:kita0525:20170723232759j:plain

詳しい温泉分析書の掲示はなし。

浴槽は透明な湯と茶色のにごり湯の二種類があり、透明なほうは普通の水道水と思われます。茶色のにごり湯は鉄泉の感じもあってぬるめでゆっくりつかれてなかなか良い感じです。おそらく加温・循環・消毒ありかと。

 

結論:長浜は湖畔リゾート?な街だった

 

長浜を後にして後はひたすら移動。

日も暮れかかったころ焼津で途中下車し、これまた徒歩2分くらいの場所の温泉に寄ってきました。

f:id:kita0525:20170723233648j:plain

エキチカ温泉くろしお」。今風のスーパー銭湯という感じですね。

1年ほど前にここに来たときは休業中の健康ランドだったんですが、最近になってリニューアルオープンしたそうで、1H利用がキャンペーンで480円になってました。

 

建物の中はあまり広くないですが、内装は綺麗でコンパクトにまとまってる感じがありました。浴槽にはドバドバと大量の湯が注がれていて、消毒剤も入ってるようですが気にならない程度でした。循環式かな?

源泉が2種類あるらしく混ぜて使っているようです。

f:id:kita0525:20170723234407j:plain

2Fには仮眠スペースもあるので簡易宿としても使えます。食事処のメニューは普通といったところ。ローカル歌手?がライブやってました。

建物は今風になっても健康ランド感は健在。地元の人で賑わっていました。

 

その後静岡駅につき、徒歩で再訪を誓ったアオイブリューイングへ。

オンキャッシュ形式でさくっと飲めます。モルトビネガーたっぷりのフィッシュアンドチップスうまかった。

f:id:kita0525:20170723235206j:plain

 

ここからさらに北へ30分ほど歩くと今夜の宿がわりに利用する

おふろcafe bijinyu」がありました。なんともスイーツ感ある名前です。

f:id:kita0525:20170724001053j:plain

ここは2種類の温泉があり、一つは「カブラヲ温泉」というタンクローリーで運ばれる硫黄泉、もう一つは自家源泉と思われる「籠上温泉」です。

どちらもぬるぬる感のある美肌の湯という感じで、硫黄の香りが漂うカブラヲ温泉はこれぞ温泉といった感があって嬉しくなります。

当然ながらどちらも消毒剤投入されていますが、20時ぐらいに入ったときは塩素臭も気にならず泉質も良い感じでした。翌朝入ったときにはすっかりくたびれた塩素臭の湯になっていました・・・。

f:id:kita0525:20170724001306j:plain

f:id:kita0525:20170724001243j:plain

館内は広く、仮眠するスペースも沢山ある(その分人も多い)ので簡易宿としては申し分なく、またcafeを冠するだけあって店内cafeのメニューは充実しています。

デザートから定食、ちょっとしたおつまみ、そしてなんとアオイブリューイングのクラフトビールまで取り扱っていました。(飲んだ)

駅からちょっと遠いですが、安く泊まれて温泉入ってクラフトビール飲めるなら最高だなオイ。

 

あと、温泉スタンドありました。これなら源泉かけ流し・・・

f:id:kita0525:20170724001406j:plain

 

(2日目はイベントで飲んで帰っただけなので割愛)

【日帰り温泉】白山杉の子温泉

最近急に暑くなりましたね。おかげで体調も崩れてだるい毎日を過ごしておりました。

なので今日は鉄板のインドカレー→温泉のリフレッシュコースです。

 

今回訪れたのは「白山杉の子温泉」というところで、「飲める温泉」「源泉かけ流し」を高らかにうたう泉質勝負の入浴施設です。

 

f:id:kita0525:20170709202539j:plain

外観。※温泉部分は左端の奥の小さな建物内

 

入り口を入ってすぐ左手に受付がありこじんまりとした休憩所を通って男湯へ。

 

 

f:id:kita0525:20170709204029j:plain

休憩所。右手にあるドアが男湯と女湯の入り口。地元の物産品がたくさん。

 

脱衣所の中はかなり狭く、他に人がいると譲り合って着替える必要があります。

浴場には木製の浴槽が2つあり、かけ流しのとおりなみなみと温泉が注がれていました。洗い場にはシャワーが備え付けてありますが石鹸やシャンプーがない銭湯スタイ

ル。窓も換気用のものだけの簡素な作りでした。

訪れたのは午後3時頃だったんですが、お風呂セットをかかえた地元の人で賑わっていました。狭いのでちょっと混んでいる感が。

 

お湯は無色透明でわずかに塩味があり、サラサラとした肌ざわりでクセのない感じ。

フレッシュで確かに泉質の良さは群を抜いていいものでした。

 

f:id:kita0525:20170709203924j:plain

温泉分析書

 

 

源泉の温度が43度あたりと絶妙。

PHが8.9もあり、それなりにアルカリ性だったので驚きました。アルカリ性=ぬるぬるのイメージしかなかったので。

気になって調べてみると、こういう回答に辿り着きました。

ソースが知恵袋ですが、先日入ったぬめぬめの白山里の成分分析書と今回の分析書を見比べてみるとなるほどその通りだったので納得した次第。

ひとつ賢くなりました。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

湯上がり後に休憩所で涼んでいると、豆から引いたアイスコーヒーをプッシュしているポップが目に入ったので頼んでみました。なんと170円。

 

f:id:kita0525:20170709205052j:plain

プ、プラ容器だと・・・? (チョコのおまけつき)

 

色が家で適当に作ったアイスコーヒー感なんですが、浅煎りのスッキリしたアイスコーヒーでなかなか美味しかったです。後味スッキリなんですが飲みくちに鮮烈な苦味が走る感じがよかった。おまけのチョコもよく合うし。

ちゃんとしたグラスに入れて大きい氷使えばいいのになあ。勿体ない。

 

 

その他泉質管理から休業日のお断りを掲示したり、源泉かけ流しへのこだわりや配慮が見て取れたので、これが地元のリピーターが足繁く通ういい温泉施設ということがわかりました。

 

 

【日帰り温泉】白山里

気づけばずいぶん間が空いていた日帰り温泉めぐり。

今日は代休だったのでリフレッシュをかねて行ってきました。

 

今回訪れたのは幹線道路から少し脇に入ったところにある「白山里」というところ。

浴槽はこじんまりとしていますが、鮮やかな新緑と開放感のある浴場でした。

内湯が1つのみ。

 

f:id:kita0525:20170627154634j:plain

f:id:kita0525:20170627155342j:plain

温泉分析書のところに掲示はありませんでしたが

温泉はやや塩素の匂いがしたので加温・循環・消毒ありのようです。

源泉温度が38度くらいで、手前のところからぬるい湯がドバドバ流れていたので源泉かけ流し併用なんでしょうか。

アルカリ性の泉質で、肌にお湯をこすりつけるとヌメヌメ感が楽しめてかなり良い感じ。

■温泉分析書

f:id:kita0525:20170627160302j:plain

 

建物は古民家風のつくりで、宿泊施設も兼ねているよう。

食事処も広くくつろげそうだったんですが、あいにく14時までの営業でした。

居心地が良かったのでカフェ利用できればいいのになあ。。。

なお、食事メニューは普通な感じでスイーツとコーヒーもあります。

白山の清流で入れたコーヒーは雑味がなくなかなか美味しい。

f:id:kita0525:20170627155802j:plain

風呂あがりで汗をぬぐいつつホット飲んでたら実はアイスもあったというね。

 

週末がどれほど混んでいるのかはわかりませんが、平日は静かで良いところだったのでお昼食べて温泉入ってくるには良いところではないでしょうか。

 

f:id:kita0525:20170627160232j:plain

 

【日帰り温泉】千丈温泉 清流

午前中にランニングして、天気も良かったので恒例の日帰り温泉に行ってきました。

 

今回訪れたのは白山セイモアスキー場のすぐ近くの「千丈温泉 清流」というところ。

入浴料は250円と一般的な銭湯以下の価格です。(元々は500円だったらしい)

宿泊施設を兼ねています。

 

f:id:kita0525:20170604165538j:plain

(カメラ忘れたので例のごとく壊れたスマホカメラの劣悪画像)

 

15時くらいの微妙な時間にもかかわらず、駐車場はわりと車が埋まっていて、風呂は先客が10人ほど(多い)。

内湯のみで小さめの浴槽と大きめの浴槽の2つありますが違いは無し。10人もいると同時に入れるほどのキャパはありません。

サウナもあるみたいですが故障中で使用できず、水風呂も無し。

浴室は大きめの窓があり開放感があります。ただ浴室は2Fにあり、目隠しの植え込みのため浴槽に入っていると近くの渓流は見えません。

 

f:id:kita0525:20170604170239j:plain

泉温からかろうじて温泉とされているアルカリ性単純温泉

ただ、加水・加温・循環消毒ありのため泉質は残念ながら銭湯レベルでした。

けっこう塩素臭も強い・・・。

 

結論的には温泉を求めて入りにくるとガッカリしますが、ぬるめの温度で長くつかれるので運動後の入浴には適しているような気がします。

ロビー前の休憩スペースが広々しているのと、ウォーターサーバーが置いてあるのは良かったです。

 

f:id:kita0525:20170604170724j:plain

 

近くに獣肉処理の施設があったりジビエ料理も出しているみたいなので、お昼に来ると良いかもしれない。営業時間は掲載なかったですが。

 

20170526-0528 おんせん県大分湯巡り③

最終日です。ここぞとばかり怒涛の温泉ラッシュです。

 

朝6時30分に起床。

昨晩下見をしていた竹瓦温泉に入ります。竹瓦温泉は朝6時30分から営業中。

砂蒸し風呂が有名ですが、こちらは朝8時からのよう。まあ、指宿で砂蒸しは体験したことがあるので今回はパス。

 

レトロな建物で風情があります。

f:id:kita0525:20170601213958j:plain

 

温泉は中央に浴槽がひとつ、洗い場もない非常にシンプルな作りでした。

けっこう熱めの湯で一気に目が覚めました。長湯には向かないですね。

写真は撮り忘れたんですが、成分分析表を見ると男湯と女湯で源泉が異なるようでした。

 

その後は駅前に戻り定番の地獄めぐり。

外回り循環線で血の池地獄からまわるとロスが少なく回れます。(地獄めぐりの内容は割愛)

f:id:kita0525:20170601214537j:plain

コラボがしっくりきすぎている(血の池地獄

 

 

午前中で地獄めぐりが終わって少し時間が余ったので、予定には無かった温泉に入ってきました。坊主地獄のそばにひっそりとある「鉱泥温泉」です。ここは午前中のみの営業で、七里田温泉で話した温泉マニアの人から教えてもらっていました。

泥湯リベンジです。

f:id:kita0525:20170601214923j:plain

受付と脱衣場は小屋のような建物で一人900円。

風呂は大きな露天の温泉(泥を落とす用)と屋根のついた半露天の泥湯の2種類。

普通に露天風呂としても開放感があって静かなところなので気持ちいいです。

泥湯は泥の量こそ少ないものの、頻繁におばちゃんが清掃にくるのでとても清潔。

泥湯の隣に小屋があり、泥湯に浸かった後はここで体を乾かします。

泥湯に浸かる→乾かす→浸かる、を繰り返すことで体に薬効を染み込ませるらしい。

先客も地元の人が3人くらいでかなり静か。鳥のさえずりを聞きながら森林浴を兼ねたようなリフレッシュ効果があり、とても良い温泉でした。

泥湯入るなら断然こっちかなー。営業時間が短いのが難点だけど。

 

お次は鉄輪温泉に戻り名物の蒸し湯へ。

f:id:kita0525:20170601220100j:plain

薬草の独特の匂いがクセになりそうな、いわゆるサウナのような蒸気が立ち込める釜の中に寝転んで約8分。出る頃には汗だくで、隣にある普通の温泉で汗を流します。水風呂はなし。

普段サウナには入らないので8分でもわりときつかったです。10分まで延長できるみたい。しっかり汗をかくのであがった後はとてもスッキリ。

 

そして最後、別府の〆に選んだのは「いちのいで会館」の温泉。

f:id:kita0525:20170601220729j:plain

別府を一望できるロケーションの絶景露天風呂。

f:id:kita0525:20170601220917j:plain

青白色の湯がまた青空に映えて気持ちいいんです。このときは貸切状態で贅沢に風呂と眺望を堪能しました。

 

ここの温泉に入浴するには、必ず昼食弁当がセットになり1500円かかります。

ホームページの弁当の写真が非常にまずそうだったので期待はしてなかったんですが、ちゃんと美味しいお弁当でした。

f:id:kita0525:20170601221242j:plain

休憩所(食事処)はそよ風が通り抜けてとても気持ちいいところで、先客が寝ていたり。(気持ちはわかる)

f:id:kita0525:20170601221433j:plain

f:id:kita0525:20170601221529j:plain

温泉分析書。泉温100度て。

男湯と女湯は日替わりで代わり、今回入ったところは景観の湯でした。

金鉱の湯は金鉱跡をサウナとして活用していたり、また違った趣が楽しめるようです。ブラタモリでも紹介されていました。

f:id:kita0525:20170601221708j:plain

 

なお、ここ「いちのいで会館」へはかなり急な坂道を200mほど登ります。

最寄りのバス停は雲泉寺橋、または上原町になり、徒歩20分ほどです。

案内板に従っていけばほぼ一本道なので迷う心配はないかと。おすすめですよ。

f:id:kita0525:20170601222039j:plain

 

後は由布院経由で福岡に戻りました。

冷房の効いたバスの中で駅ナカの物産館で買ったクラフトビールを飲みながら・・・。

f:id:kita0525:20170601222419j:plain

製造元は先日にくじゅう王ビールと同じところ。OEM製品? こっちのヴァイツェンは甘い香りがして好みでした。右のスタウトも香ばしくておいしい。味はライオンスタウトに近いかも。

f:id:kita0525:20170601222634j:plain

由布院で追加。こっちは泡立ちがあまりなくスッキリした口当たりでした。

 

博多駅の地下でもふらっと一杯やるのに良さそうな「酒九」という店を見つけたので立ち寄り。

飲み比べたなかではスパークリングの天山が良かったですね。舌にチリチリくる炭酸の感覚は病みつきになりそう。

f:id:kita0525:20170601222931j:plain

f:id:kita0525:20170601223019j:plain

f:id:kita0525:20170601223036j:plain

 

以上、温泉(と酒)の大分の旅でした。