BuraKita。

ツツウラウラお散歩旅

20190127-28能登・和倉温泉の小旅行②

前回の投稿から少し間が空きましたが、続きになります。

 

和倉温泉の宿は「奥田屋」というところで、メイン通りから少し路地に入ったところにありました。

1泊朝食つきで5500円のリーズナブルな宿ですが、必要十分な感じで一人旅には居心地の良い感じ。周りはよそ行きな高級旅館多いですし。

 

f:id:kita0525:20190205200034j:plain

f:id:kita0525:20190205200109j:plain

f:id:kita0525:20190205200145j:plain

 

さて、この宿を選んだ理由は安さだけではありません。それはもちろん・・・

 

f:id:kita0525:20190205200422j:plain

 

そうです。掛け流し温泉です。高級旅館はだいたい加水、循環だったりするので。

 

f:id:kita0525:20190205200625j:plain

 

内湯のみで、ちょろちょろと源泉が注がれ自然冷却に任せたストロングスタイル。

冷えた体にガツンと熱い湯がキマります。

浴槽の底からは泡がぼこぼこ吹き出ていて泡風呂風?と思いましたが、どうやらお湯を撹拌する役割のようです。深夜帯は泡が出ておらずお湯の表面はめちゃくちゃ熱い湯で覆われていました。

 

f:id:kita0525:20190205201117j:plain

泉質は濃いめの塩化物泉。保湿と保温効果が冬にぴったり。

 

夜は温泉街の入り口にある「海ごちそう」で晩酌。

f:id:kita0525:20190205201659j:plain

f:id:kita0525:20190205201726j:plain

f:id:kita0525:20190205201749j:plain

地元民でもなかなか食べない高級珍味の「くちこ」に珍しい「なまこ鍋」をいただきました。

日曜ということもあり、温泉街は閑散としていましたがリーズナブルな店がそこそこあり、素泊まりでも十分夕食は楽しめます。朝やってる店は無いけど・・・。

 

帰りに寄ってみた総湯。セレブ感あふれる豪華な作りですごい。

入浴料金は公衆浴場価格で安心。

f:id:kita0525:20190205202734j:plain

 

そして、宿近くのスーパーで生酒無いかな~と探したら良さげなものがあったので購入して宿飲み。

f:id:kita0525:20190205201935j:plain

これが実に自分好みの素晴らしいお酒で感激しました。

純米酒でありながら豊かな甘い香りに、旨味がしっかりで淡麗な後口。そして生酒らしくちりちりと微発泡性の舌触りと惚れ込んでしまいました。

地元民でも見かけたことのないお酒だったので幸運だったなあ。

 

温泉と美味い飯と酒、最高じゃないですかね。

 

あ、あと和倉温泉で散策ついでに七福神巡りしたんですが、全部回って宿の人に見せるとお箸がもらえます。高いものではないけど記念にどうでしょうか。

f:id:kita0525:20190205202514j:plain

f:id:kita0525:20190205202635j:plain

 

いろいろな発見のあった地元旅でした。

このときの温泉旅行記をscraivというサイトに投稿してみたので興味がありましたらどうぞ。

scraiv.com

 

20190127-28能登・和倉温泉の小旅行①

新年1発目の外泊旅行です。

本当は大阪出張に合わせて別のところを画策していたんですが代休予定のところに予定入れられて(キレ)行けなくなったので近くて遠い県内の旅行をすることにしました。

 

旅行前日は雪。当日も曇りで雪がふらないだけマシないつもの北陸の空模様だったわけですが、能登方面に向かう途中に立ち寄って気多大社にお参りしたあとから天気が回復してご利益あったのかなと。この時期の北陸の晴れは貴重です。

 

まずは能登島へ。

お目当てはひょっこり温泉能登ふぐバーガーだったわけですが、寒かったので温泉にも入ってきました。

f:id:kita0525:20190201223008j:plain

f:id:kita0525:20190201223044j:plain


地元客で賑わっていたので写真は撮れませんでしたが湯量が多く広い内湯と露天風呂にゆったり入ることができてかなり高評価。混んでいる和倉温泉より狙い目ですよ。

入浴したらいい感じに小腹がすいたので併設の食堂へ。

f:id:kita0525:20190201223147j:plain

そこらの食堂よりメニュー充実してるし、一品料理が置いてあって地元のじーさんがビールで一杯やってたのがとても羨ましかった(車)。

 

f:id:kita0525:20190201223440j:plain

能登ふぐバーガー。数量限定みたい。これでワンコイン(500円)。

ふぐの唐揚げはふわっふわで繊維質のない鶏肉のような食感。めちゃうまい。

お腹に余裕があるひとにはふぐ唐揚げ定食がおすすめかな。

 

その後、七尾駅前にもどり七尾市役所前に駐車(無料開放)。

お昼からはのと鉄道の「のと里山里海号」で穴水駅に向かいます。

 

f:id:kita0525:20190201224031j:plain

一両編成で車内はなかなか豪華。蒔絵や輪島塗などの工芸品が飾られていました。

予約制で当時はほぼ満席でした。端のほうの席には窓がないので注意。

f:id:kita0525:20190201224415j:plain

とくに絶景というほどでもない車窓からの眺めですが自分以外の観光客はかなり盛り上がっていました。静かに楽しむには普通列車かなあ。

途中、能登中島駅に停車。

f:id:kita0525:20190201224647j:plain

レトロな駅舎がなかなか良い。

 

そして終点の穴水駅に到着。

この時期のお目当てはこれ。「あつあつ亭」の牡蠣のフルコース!

のと鉄道利用だと焼き牡蠣が2個プラスされます。

 

f:id:kita0525:20190201224935j:plain

f:id:kita0525:20190201225511j:plain

f:id:kita0525:20190201224953j:plain

f:id:kita0525:20190201225009j:plain

 

大ぶりの身の焼き牡蠣はプリプリで食べごたえあるし、揚げたてのカキフライは何もつけなくても抜群に美味い。別格です。〆の牡蠣ご飯もグッド。

焼き牡蠣は4個プラスして合計12個食べました。最高。

食後は折返しの普通列車七尾駅まで戻り、宿泊地の和倉温泉に向かいます。

f:id:kita0525:20190201225549j:plain

数年前のアニメの花いろラッピングでした。まだ走ってるんだなあ。

続きます。

 

【小ネタ】酒の駅新潟

f:id:kita0525:20190120204610j:plain

旅本のスペース埋め用に小ネタ2コマ漫画をつくっていこうかなということで描いたものです。

新潟直結の駅ビル1Fの「SUZUVEL」というお店に入ったときの1コマなんですが、カフェにも日本酒置くとか新潟人半端ないなと思ったという。(誤解)

※カフェ内のBARスペースだったらしい

 

新潟駅ビルには有名なぽんしゅ館系、クラフトビール館と乗り換え待ちにちょい飲みできる店があってすばらしい。他にも生酒本舗という生酒が購入できる店もあります。

1kmほど歩いたところにマイクロブルワーパブの「沼垂ビール」や酒蔵見学のできる「今代司酒造」があったりと個人的に酒クズの聖地認定しています。

 

【日帰り温泉】比咩(ひめ)の湯

地元の白山比咩神社に初詣に行く予定があったので、最近オープンした

比咩の湯に行ってきました。

f:id:kita0525:20190109220609j:plain

場所は道の駅瀬女のすぐ近く、金沢工業大学の白山麓キャンパスの敷地内にあります。

交差点に小さな案内看板しかないので知らない人はたぶん気づかないでしょう。

 

公式ホームページにいろいろ写真も載っていますが、オープンしたての新築で木材をふんだんに使っているため木の香りがすごい。そこらの温泉旅館よりも豪華という。

内湯は山の湯と川の湯があり、それぞれ日替わりで男湯と女湯になります。貸切風呂は別料金。

 

今回は山の湯でした。

f:id:kita0525:20190109221025j:plain

人がいるので中の写真はなし。脱衣場の壁や浴室の壁、天井ともオール木材。

山の湯にはサウナ、水風呂、内湯大浴場、頭浸湯、そして半露天みたいなしきりのところにつぼ湯と歩行浴がありました。

つぼ湯が木桶でつぼじゃないところと、深めの浴槽の歩行浴が露天風呂のように使われていたのがつっこみどころ。

 

泉質はこれといった特徴はなく、消毒臭もごく控えめなので内湯で木の香りを堪能するといいリフレッシュになります。

特筆すべきは頭浸湯というところで、仰向けで浸かるのですが寝湯と異なるところが2点。

1.深さがちょうど体の半分に浸かるほどしかない

2.後頭部を浴槽にしずめる

簡単にいうと、仰向けに寝て背中側半分が頭からつま先まですべて湯に浸かった状態。

 

これ、後頭部がほどよく暖まって非常に気持ちいい。しばらく浸かっていたら頭がスッキリしました。現代人を悩ます頭、首、肩、背中のこりなどに非常に効果があると思われます。これを狙って来るだけで十分価値はある。

 

■温泉分析表

f:id:kita0525:20190109222504j:plain

それほど濃くないので万人向けのお湯。ただ、塩化物イオンが少なめで期待したほどの保温と保湿効果は無いように思える。

 

そのほか、休憩所では軽食もやっていて蕎麦、カレー、チャーハンを出すみたい。

まあ、食事処は道の駅瀬女にもいくつかある(ちょっと高い)のであまり利用しないかも。せっかくならジビエの定食メニューとか出してほしい・・・。

 

空いてるのでスキーや登山帰りでゆっくりしたい人におすすめかな。

 

 

301102-1105奥飛騨~長野戸隠④

最終日です。
喉が乾いて起きると朝の5時。まだあたりは真っ暗です。
部屋の暖房がちょっと効きすぎるくらい強かったため切って寝てたら体が冷えてしまったので温泉に入ることにしました。


旅館の温泉は男性用と女性用の大浴場、家族風呂(貸し切り。空いていれば自由に使える)があります。
家族風呂は石造りの小さめの浴槽のみ。大浴場の内湯は男女どちらも同じ作りでややあつめと適温の2種類の浴槽がありました。


露天風呂は男性用が玄関側に面している分、眺望が良いですが、女性用は眺望が無い分、小庭園のような感じになっていました。夜に入浴するときは明かりが少ないので下り階段に要注意。
なお、男女は夜10時で入れ替えになるので朝5時は女性用の大浴場に入っています。
内湯はスルーして露天風呂に直行。そして見えました。星が。念願の星見風呂です。
ただ内湯のほうの照明が明るくて微かに星が見える程度でしたが。

泉質はごく微かに硫黄を感じる単純泉。卜伝の湯より硫黄の匂いが弱いような気がしました。
あれ?今硫黄っぽい感じしたなと内湯に入ったとき感じる程度。

f:id:kita0525:20181106235113j:plain

f:id:kita0525:20181106235121j:plain

 

風呂あがりはそのまま夜明けのひとときをロビーで過ごしました。快晴で山々がはっきり見えて清々しい山の朝。最後に天候に恵まれてここに泊まったかいがあったなと幸福感に浸りました。

f:id:kita0525:20181106235146j:plain

 

朝食。にがりを加えて作る即席湯豆腐が良かった。朴葉みそはちょっと焦げてカリカリになったところが美味しいよね。おひつはご飯2杯分程度しかなかったのでセーブしないとすぐに無くなる。

f:id:kita0525:20181106235220j:plain

 

そしてまた温泉。
露天風呂の眺望は無いですが、内湯は露天風呂より高いところにあるので実は一番眺望が良かったという事実。湯船に浸かっててもよく見えます。紅葉は終わっていましたけど。

f:id:kita0525:20181106235258j:plain


※写真は客室棟3階からの眺め。

 

9時前にチェックアウトしてひたすら帰り道のドライブ。高山方面から白川郷へ至る白川街道が渓谷美と紅葉が綺麗なところでした。道も走りやすくて良い。

f:id:kita0525:20181106235322j:plain


白川郷の手前にある大白川温泉しらみずの湯で休憩。施設は新しくて綺麗で露天風呂からはパッチワークのような紅葉を眺めることができました。料金はちょっと高めの600円。

f:id:kita0525:20181106235353j:plain

f:id:kita0525:20181106235406j:plain


ここも単純泉ですがやや成分は濃いめ。硫黄っぽい匂いは知覚できなったな。
大白川温泉と言えば山道を分け入った先にある露天風呂が有名みたいですが、10月で営業終了していたため訪問できず。

 

 

白川郷に寄って天守閣展望台から一枚。お昼食べようかと思っていたらおやすみでした。

f:id:kita0525:20181106235503j:plain


天生峠に続く道のほうから入ると数台止められる駐車場があります。
白川郷は何度も行っているので観光せずにちょっと景色を眺める分には十分。

そして白山白川郷ホワイトロードを戻り、旅は最終目標に向かいます。
行きで断念した絶景露天風呂の親谷の湯です。


何組か観光客がいましたが簡易的な脱衣所で水着に着替えいざ露天風呂へ。
湯加減は絶妙でややぬるめですが、時折熱い湯が流れてきて油断すると「あっつ!」となります。
有名な姥ヶ滝を眼前に、下には渓流、左右は紅葉と最強クラスの眺望(写真からは伝わらない)の露天風呂は旅のフィナーレには相応しいものでした。けっこう長湯してたように思います。

f:id:kita0525:20181106235541j:plain

f:id:kita0525:20181106235556j:plain


泉質は単純泉で柔らか。近くにある岩間温泉と同じ泉質なのだろうか。際立った消毒臭はしませんが、がたぶん消毒はされているような気がします。源泉温度が高いので加水あり。

なお、ここは水着着用がマナーなので必ず水着持参で。自分が出たあとに来た男は脱衣場使わずに露天風呂の近くで着替えていたみたですが、普通に見えるところなので他の人に迷惑になります。
温泉は好きだけど愛が無い輩は厄介者なだけなのでご遠慮願いたい。マナーを守ることは最低限の温泉に対する敬意だと思うのです。(※今回は写真撮影禁止と掲げている温泉が多かったのでそういう所では撮っていません)


今回は単純泉ばかりとなってしまいましたが、晩秋を楽しむ良い旅行になりました。

f:id:kita0525:20181106235650j:plain